こんにちは、喜禄美琴です♪

美容院に行ってさっぱりしてきました。

 

担当していただいているオーナーさんは、私よりも多分15歳ぐらい

お若いので、お話をしているととても刺激を受けます。

 

来月ご結婚をされるとお伺いして、とても嬉しくなりました。

幸せのおすそ分けですね!

オーラもとてもキラキラしていました。

 

ご主人になられる方は、子供が生まれたら育児休暇をとる!と言っているそうです♪

素晴らしい!!

 

一緒に笑って遊んで、ともに成長していける貴重な時間。

大変だけど色んな経験をさせてくれる、そして子供の笑顔に癒される時間。

父親もどんどん経験してほしいですね ✨

 

そんなお話の流れで、

『最近の子供は大人で悟っている感じの子が多い』

という話題になりました。これ、最近よく聞きます。

そして、実際にその通りなんですね。

 

2000年代から、クリスタルチルドレンと言われる使命を持った魂たちが、

世界中でたくさん生まれてきました。(現在は生まれてきていません)

愛と平和の時代を築くため、地球に転生してきました。

 

クリスタルチルドレンの特徴

クリスタルチルドレンは霊性がとても高いため、波動を低くして地球に生まれてきています。

生まれながらのヒーラーで、クリスタルチルドレンがいるだけで

周りの人たちが癒されていく特徴があります。

 

人との争いを好まないので、争うくらいなら自分が身を引きます。

人の気持ちに敏感で、元気がない人にさりげなく声をかけます。

慈愛の精神があり、賢者でもあります。

 

テレパシーで話す感覚が残っているため、

会話中、すぐに言葉がでてこないことがあります(言葉で話すことに慣れていない)。

自分が話さなくても分かるので、相手もちゃんと話をしなくても

分かってくれると思っているところがあります。

 

人を傷つける言葉は使いません。

洞察力があります。

とても穏やかな性格です。

プレアデス星との関わり合いが強い傾向にあります。

 

クリスタル(水晶)がとても大好きです。

波動やエネルギーを敏感に感じとることができます。

とても愛に溢れた優しいエネルギーを発しています。

 

8割ぐらい当てはまる子供は、クリスタルチルドレンの可能性が高いです。

見た目は子供ですが、中身は大人。今は私たち大人の方が子供なのかもしれませんね。

クリスタルチルドレンとつくる新時代

最近は、反抗期がない子供たちが増えてきているそうです。

ひと昔前なら、『反抗期がないと心配』『社会にでてから爆発しそうで怖い』

など言われて、反抗期はあった方がいい、あるのが当たり前という固定概念がありました。

 

今はどうでしょうか?

 

美容院のオーナーさんの話では、

高校生たちの間で『マザコン』が流行っているそうです。

 

『マザコンが流行ってる??(笑)』

 

マザコンにあまりいいイメージがない世代なので、びっくり!

 

どういうことかと言いますと、

母親とどれだけ仲良くしたか、例えば、男の子が

『この間、お母さんと二人で映画を見に行った』という話をして競い合っているそうなんです。

そして、母親と仲良くしない人は『ダサッ!』と言われるみたいです(笑)。

 

なんとも微笑ましいですね 🌸

反抗期とは無縁な感じです。以前は反抗期を経験することで

精神の成長やバランスをとってきましたが、

今はその課題をクリアしている子供たちが多く、その経験をする必要がないのでしょう。

 

時代は確実に新しい世界に入ってきました。

私たちも新しい世界に向けて、霊性を高めて変化していく必要があります。

 

クリスタルチルドレンたちと作る新しい時代は、平和と愛を自分から表現していく時代です。

その先には、すべての個性が尊重されて、

個人の才能や豊かさ、愛と喜びを、みんなで自由に分かちあえる世界があります。

 

何かを独占する必要も、執着して不安になる必要もありません。

すべては、ご自分の恐れから作り上げた幻です。

 

クリスタルチルドレンと同様に、すべての人が自分の才能を活かした

使命をもって生まれてきています。

あなたの才能を存分に活かし、あなたらしさを自由に表現することができるのです。

そんな生き方を自分自身に許可しましょう。

 

ハイアーセルフ、天使、光のガイド達も、新時代を全力でサポートしてくれています。

心強い味方がいることを、忘れないでください✨

 

 

占術ヒーリング『みちしるべ』では、霊感タロット、紫微斗数による鑑定セッション、ヒーリングを行っています✨ご自分の運命の地図、最善なお悩みの解決方法、より良い人生を送るためのヒントをお探しの方は、ぜひお試しください🌸 ⇒『みちしるべ』のホームページを見る